オススメのカードローンはこちらです

消費者金融と銀行で迷ったらどちらを選べばよい?

キャッシングでお金を借りるとき銀行で借りるのが良いのか消費者金融で借りるのが良いのか迷ってしまいますよね。

申し込みをすると審査があり、契約手続きを経て発行されたカードを使って借り入れをしたり、銀行振り込みで借入れをして、毎月決まった日に返済をするという基本的な使い方は同じです。

両者の違いとしては、金利の違いや総量規制の対象となるかが大きな違いとなります。既にクレジットカードのキャッシングを利用しているという人ならば銀行のカードローンがおすすめとなります。

毎回の返済額についても若干違いがありますので注意しましょう。消費者金融はスライド方式と言われていて借入額によって毎回の返済額が細かく増減していくタイプが多いです。銀行のカードローンも借入れ額に応じて変動しますが、消費者金融のように細かく変動しないことが多いです。

消費者金融は初回の契約ならば無利息期間がつく場合が多いですので、短期間で比較的少額の利用に向いていると言えます。銀行のサービスは一般的に低金利な場合が多いですので、まとまった金額を長期的に借入れするならば消費者金融より有利になることが多いです。

一度返済計画を建ててみて利息をある程度計算してから決めるように心がけましょう。


このページの先頭へ