キャッシングと比較して申し込みを決めたカードローン

毎月というわけではありませんが、金欠気味になることがあります。そんな時は、昼食を食べなかったり、もやしばかりを食べたりなど、食事面で節約していました。しかし、今回は食事面での節約期間が長くなってしまい、体重が落ちてしまったり、体調が優れなかったりなど、身体に良くない異変を感じていました。

これ以上の節約は身体に厳しいですし、体調を崩して病院通いになってしまうと、出費が多くなります。ここは素直にお金を借りるしかないと判断し、お金を借りる方法を調べました。キャッシングとカードローンで迷った結果、カードローンにしました。カードローンに決めた理由は、利用頻度の高い銀行で申し込みが可能だったことです。給料の振り込みや光熱費の支払いなどで利用している銀行が取り扱っている商品なので安心感があります。また、魅力的だったのは定額返済が可能な点です。

毎月一定額の返済になるため、返済分さえ確保できれば、延滞するような状況を迎えることはありません。さらに、融資の窓口で申し込みを行ったので、担当の方が申し込みする書類の記入方法や必要な書類を教えてくれたので、スムーズに申し込みが完了しました。現在、カードローンは厳しい状況になった時だけ頼るようにしています。

このページの先頭へ