初めてキャッシングをした時の思い出

キャッシングを知ったきっかけは友人から聞いて始めて存在を知り、人からお金を借りることに抵抗があった時に使うと便利な方法のため申し込みをしました。申込方法は自宅の近くに自動契約機があるため申込書と本人確認書類として運転免許証を送信し、審査が出るまで実際に使えるか不安になりました。審査結果は30分ほどで完了しましたが、待ち時間の間にオペレーターから質問などがあり正しく回答できるか不安になったものです。

キャッシングは気が向いた時に利用可能額の範囲内で手軽に借りれるため便利ですが、金銭感覚を麻痺しやすいために注意すべきだと感じました。返済方法を選ぶ時は残高に応じて利息がかかることを認識することが重要で、返済シミュレーションで確認すると期間が長くなれば返済すべき金額が高くなるため注意すべきだということを実感させられたものです。

始めてキャッシングをした時の思い出は気が向いた時に銀行やコンビニのATMで借りれるため便利で、急にお金が必要な場合にも対処しやすいため便利なことです。お金を借りて感じたことは金銭感覚が麻痺しやすい場合は注意が必要で、収支のバランスを考えて使えるように意識をすることが重要なことです。

このページの先頭へ